Coffee Traveler ひろきちのブログ

コーヒーに関する情報や、全国コーヒー巡りのレポートを発信していきます!

ストレート、シングルオリジン、スペシャルティコーヒーって何が違うの?

こんにちは☺️コーヒートラベラーのひろきちです。

 

今回はストレートコーヒー、シングルオリジンコーヒー、スペシャルティコーヒーの違いを解説します

 

 

 

ストレートコーヒー

 

こちらは前回の記事で説明しました

一種類の国のコーヒーの事

 

 

シングルオリジンコーヒー

 

こちらは、よくシングルと付いているので、ストレートコーヒーと同じにしてしまうのですが、少し違います

 

ストレートは同じ国や、地域で農家さんが作った豆を寄せ集めて1つのブランドとして出荷します

 

例えば、ブラジルの A地区、B地区、C地区のいろいろな農家で取れたものを出荷場に持っていき、ブラジルNO.2と言う規格で出荷されます

 

同じ種類の豆ですが各農家さんの豆が混ざってます

 

一方、シングルオリジンコーヒーはその逆で一つの農家さん、または一つの小さい地区で全く同じ製法で作られたコーヒー豆のことを言います

 

ブラジル◯◯農園△△さん(農家さんの名前)など細かく名前が記されているものがそうです

 

 

 

特徴

 

特徴として、独特の華やかな風味があります

ストレートコーヒーは、なんか苦味が強いとか、酸味が柔らかい、くらいしかあまり表現できないですが、

 

シングルオリジンは、オレンジの様な風味、ミルクチョコレートの様な風味、アプリコットの様な風味、、など事細かに特徴が出るのが一番の特徴です

 

 

スペシャルティコーヒー

 

スペシャルと言う名前がついているので、1番いいコーヒーと連想してしまいますがちょっと違います

 

先程のシングルオリジン(一つの農家さんの)コーヒーを国の品評会にエントリーして、審査員により82点以上の点数がつけられた物をスペシャルティーコーヒーといいます

 

 

点数の基準として、

・華やかな風味がある

・生産者や方法の透明性がある

・欠点豆の混入がない事

 

 

などいろいろな厳しい基準があります

 

 

その基準をクリアして82点以上取った物がスペシャルティコーヒーという名前が付く様になります

 

 

 

なので、近年のコーヒー豆農家さんはこの大会を目指して、自分達のコーヒーの美味しさを追求する様になりました

 

 

 

スペシャルティコーヒーが全てでは無い

 

僕はコーヒーのイベントにたまに顔を出しますが、よく「スペシャルティコーヒーですよー」とか「ゲイシャですよー」など販売員さんが叫んで、お客さん達が群がる光景を見ます

 

確かにゲイシャ(コーヒー豆の種類)やスペシャルティコーヒーというワードは1番美味しいと勘違いしてしまいますが、そうは思いません

 

なぜなら、スペシャルティコーヒーと名前がついていなくても、それ以上に美味しいコーヒーを飲んだことがあるからです。

 

 

スペシャルティコーヒーの品評会に出すにはあ

る程度の資金が必要です

 

そこにエントリーしていなくても美味しいコーヒーは他にいっぱいあると思っています

 

実際に色々なコーヒーを飲んできてそう思いました

 

 

皆さんには、ワードだけにとらわれず、決めつけず自分の舌で確かめて、美味しいコーヒーを見つけて欲しいです

 

 

驚くほどの発見をすることもあります

僕も昔はそうでした

 

アジアのあのコーヒーを飲むまでは、、

 

以上今回の記事でした!

 

SUN coffeeでもシングルオリジンコーヒーを数種類販売しています!

 

気になったら是非試してみてください^_^

SUN COFFEE

 

 

ではまた